NEW ENTRY

来月開催予定の投資系注目セミナー

ヒロセ通商【LION FX】 Lion FXが非常に使いやすいヒロセ通商。短期での売買が多い方や素早い取引を重視する方にはオススメ。さらに、低スプレッドを提示し、スワップポイントも業界最高水準を提示しているため、取引コストを抑えた取引が可能となります。 【iPhone・Androidに対応】

2014年2月5日水曜日

DJ-ラガルドIMF専務理事、各国中銀に緊密な協調求める!状況は芳しくない??

【ワシントン】国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は3日、世界の金融システムに混乱が拡大する恐れがあるとし、世界の中央銀行に協調の拡大を求めた。同専務理事は講演で、各国のステークホルダー(利害関係者)は「高度に連携した世界の複雑な経路を管理する上で、連帯責任」を負わねばならないと述べた。そのうえで、これは「あらゆる金融当局が(それぞれの政策が他者に及ぼし得る影響を考慮しつつ)緊密に協調すること」を意味すると語った。



人気ブログランキングへ




今回の発言は、過去10年間でも最大級の新興国市場の下落が見られるなかで行われた。1月31日にはインド準備銀行(中央銀行)のラジャン総裁が、米連邦準備制度理事会(FRB)の政策について批判を口にしていた。同総裁はこの中で、金融の国際協調は「崩壊している」と述べた。ラジャン総裁は、通貨や債券および株式市場の混乱に振り回されている多くの新興国と同様に、国際資本市場の混乱の主因は先進国の中銀にあると指摘した。FRBが債券購入策の段階的縮小に向かっていることを受け、発展途上国の持続的な高成長率に対しすでに懸念を抱いていた投資家が売りを浴びせた。

FRBは先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で債券購入策の追加縮小を発表したが、新興国市場の混乱については言及しなかった。ラガルド専務理事は、この10年間で世界的に金融および貿易の連携が高まったうえ、主要新興国が台頭したため、各国のより緊密な協調が必要だとし、「新たな多国間協調」を呼びかけた。同専務理事は「このように閉じた迷宮の中では、極めて微小な緊張でも増幅され、世界中に響き渡る。それも瞬時のうちに、予想できないゆがみや変化を伴った形となることが多い」と指摘し、「集中を可能にする経路は汚染を媒介する恐れもある」と語った。

「投資と共に生きる」トップページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

ただいま注目の投資/保険を専門とする講師の皆様

投資系コラム

NEW ENTRY 【アンテナ系】

NEW ENTRY【コンサルタント系】

NEW ENTRY 【不動産系】

不動産ニュース/REIT 指標

最新の記事

投資系書籍【amazon売れ筋ベスト7】

オススメ記事①

オススメ記事②