NEW ENTRY

来月開催予定の投資系注目セミナー

ヒロセ通商【LION FX】 Lion FXが非常に使いやすいヒロセ通商。短期での売買が多い方や素早い取引を重視する方にはオススメ。さらに、低スプレッドを提示し、スワップポイントも業界最高水準を提示しているため、取引コストを抑えた取引が可能となります。 【iPhone・Androidに対応】

2014年4月8日火曜日

識者の見方=あくまで調整、ドルは次第に底堅さ取り戻す見込み :みずほ証券・投資情報部 FXストラテジスト 由井謙二氏

あくまで調整、ドルは次第に底堅さ取り戻す見込み

 昨年は相場全体の流れのなかで、ドルやユーロなどいづれかの先進国通貨が必ず強含んでいる状態があったが、足元では円も含めてどれも重さを感じさせている。逆にブラジル・レアルを筆頭に新興国通貨や資源国通貨が買い戻されている。一番の原因は新興国懸念の後退や、一時期に比べて中国の景気下振れ懸念が和らいできたことが背景にあるのだろう。イエレン議長体制下の米連邦制度理事会(FRB)の政策スタンスが徐々に浸透してきたことで、米国の緩和的な政策運営が続くとの見方もあるためか、現状はポジション調整の動きがこうした流れを醸成しているのだろう。


 もっとも、ドル円は現状の水準あたりから次第にしっかりしてくるのではないか。米金利の低下でドル円には下押し圧力がかかったが、先週発表された米雇用統計の内容は想定以上に強く、明日のFOMC議事録や今後の米経済指標の結果を眺めながら金利が緩やかに上昇していくなか、ドル円は中長期的に高値を更新していくと想定する。IMMのポジション動向をみても、円のショートはさほど積み上がっておらず、主要8通貨を合成したドルの投機筋の建玉も現状はほぼニュートラルに近いため、ここからの調整余地は限定的で緩やかにドルが買われていく展開を見込んでいる。



人気ブログランキングへ






「投資と共に生きる」トップページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

ただいま注目の投資/保険を専門とする講師の皆様

投資系コラム

NEW ENTRY 【アンテナ系】

NEW ENTRY【コンサルタント系】

NEW ENTRY 【不動産系】

不動産ニュース/REIT 指標

最新の記事

投資系書籍【amazon売れ筋ベスト7】

オススメ記事①

オススメ記事②