NEW ENTRY

来月開催予定の投資系注目セミナー

ヒロセ通商【LION FX】 Lion FXが非常に使いやすいヒロセ通商。短期での売買が多い方や素早い取引を重視する方にはオススメ。さらに、低スプレッドを提示し、スワップポイントも業界最高水準を提示しているため、取引コストを抑えた取引が可能となります。 【iPhone・Androidに対応】

2014年3月21日金曜日

ユーロイメトレ=EUサミットよりも米当局者発言

前日から開催されているEU首脳会議では、銀行の単一破綻処理メカニズム(SRM)に関する基金と銀行閉鎖を請け負う新たな機関の設立で合意に至ったほか、ロシアへの追加制裁に関する議論が行われており、なんらかの発表があるだろう。


 ただ、双方にダメージの大きい金融面での制裁は回避される見込みで市場に与えるインパクトは大きくないか。ロシア軍がウクライナ東部への侵攻を準備しているとの観測もあるなかで緊張感は拭えないが、欧米ともに軍事介入には及び腰のため衝突の懸念はさほどない。リスク選好姿勢は手控えられそうだが、大きく地政学リスクが高まっていく可能性も低いだろう。




人気ブログランキングへ




それよりも、FOMCの余韻を引きずるなかで、NYタイムに複数の米金融当局者の講演が予定されており、利上げ見通しに関するメンバーの認識とFOMCのガイダンスや総裁会見とのトーンの違いを推し量りながら、足元で進んだドル高に変化が生じるかを見極めたい。


・想定レンジ上限
 ユーロドルの目先の上値めどは前日高値1.3845ドル。超えても低下中の日足一目均衡表・転換線や、13日からの下げ幅の半値戻しが一致する1.3858ドルでは戻りが一服するか。仮にこなせば前述の61.8%戻しとなる1.3884ドルが視野入り。ユーロ円は日足一目均衡表・転換線141.95円をめどに、超えれば7日から14日までの下落幅の61.8%戻し142.51円が意識されよう。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは前日安値1.3749ドルを割り込めば下げ足を早めて5日安値1.3707ドルまでの一段安も想定される。こなせば次は日足一目均衡表・雲の上限1.3685ドルがサポート水準。ユーロ円は90日移動平均線140.72円前後が目先の下値めど。下抜ければ14日安値140.46円を目指した展開が見込まれる。

「投資と共に生きる」トップページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

ただいま注目の投資/保険を専門とする講師の皆様

投資系コラム

NEW ENTRY 【アンテナ系】

NEW ENTRY【コンサルタント系】

NEW ENTRY 【不動産系】

不動産ニュース/REIT 指標

最新の記事

投資系書籍【amazon売れ筋ベスト7】

オススメ記事①

オススメ記事②