NEW ENTRY

来月開催予定の投資系注目セミナー

ヒロセ通商【LION FX】 Lion FXが非常に使いやすいヒロセ通商。短期での売買が多い方や素早い取引を重視する方にはオススメ。さらに、低スプレッドを提示し、スワップポイントも業界最高水準を提示しているため、取引コストを抑えた取引が可能となります。 【iPhone・Androidに対応】

2014年3月27日木曜日

■東京午前=株安で円高 クロス円の下げ止まりは円買い緩和

東京タイム午前は、日経平均株価が前日比で一時200円を超える下落となったことから、リスク回避の円買いが進んだ。ドル円は昨日NYタイムにつけた101.87円を下抜けて売りを加速させ101.71円まで下落。ユーロ円が140.28円、ポンド円が168.64円まで下落するなどクロス円でも円買いが優勢となった。資源国通貨も、豪ドル円は93.79円、NZドル円は87.48円、加ドル円が91.67円まで水準を下げるなど軟調だった。
 
一方で対ドルでは底堅い動きを見せる通貨が多かった。ユーロドルは一時1.3797ドルまで小幅に反発。昨日の海外市場ではユーロ円急落に足を引っ張られたが、本日の東京タイム午前は、対円でのドル下落を受けたユーロ買い・ドル売りが支えとなった。ポンドドルも1.6585ドルまでじり高、豪ドル/ドルは0.92ドル前半と底堅さを維持。NZドル/ドルは、0.8627ドルと昨日の水準を上回り、19日以来の高値をつけた。イングリッシュNZ財務相から通貨高けん制の発言はあったもののNZドルを押し下げる強い圧力にはならなかった。オセアニアタイムに発表されたNZ2月貿易収支が8.18億NZドルの黒字と、市場予想の6.00億NZドルの黒字を上回ったことも下支えとなった。
 


人気ブログランキングへ




対ドルでの動きに支えられ、NZドル円が87.91円まで上昇したほか、豪ドル円が94円前半、ユーロ円が140円半ばまで、ポンド円も169円付近、加ドル円は91.90円付近まで水準を回復した。クロス円が下げ止まるなか、ドル円も受け渡しベースで年度末となる仲値公示前後にかけ101.90円台へ戻した。その後も米10年債が2.7%付近と、昨日NY引けの水準2.692%前後より利回りをやや上げて時間外の取引を再開したことに支えられ、安値水準ながら底堅さを維持した。一時14227円(-249)まで下落した日経平均が、下落幅を多少縮小させて前引けしたことも円買いの勢いを緩和した。
 ドル円やクロス円は安値水準を維持しそうだが、リスク回避の円買いには一巡感も出てきた。午後は基本的に海外勢の動き出しを待つ格好で様子見ムードとなりそうなものの、底堅いオセアニア通貨などを中心にクロス円が反発力を強めてくれば、ドル円も102円に近づく格好で調整を進める可能性はある。駆け込み的な年度末のフローについては、来週31日まで引き続き注意が必要だ。


「投資と共に生きる」トップページへ このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

ただいま注目の投資/保険を専門とする講師の皆様

投資系コラム

NEW ENTRY 【アンテナ系】

NEW ENTRY【コンサルタント系】

NEW ENTRY 【不動産系】

不動産ニュース/REIT 指標

最新の記事

投資系書籍【amazon売れ筋ベスト7】

オススメ記事①

オススメ記事②